コンサルタントジョブの評判(口コミ)は?強み・メリット・デメリットを徹底解説!

  • URLをコピーしました!

コンサルタントジョブは、株式会社アサインナビが運営するコンサルタント紹介に特化したフリーランスエージェントです。

コンサルタントもフリーランスで活躍している方が多く、実際の案件を取得するのに大変な労力を使っているケースも少なくありません。

コンサルタントジョブは、そういった案件取得のサポートをすることによって、多くのコンサルタントから支持されているサービスです。

今回は、コンサルタントジョブの強みを始め、メリットやデメリットを紹介します。

加えてTwitter上でコンサルタントジョブや運営会社であるアサインナビについての評判を紹介し、具体的にどんな印象のサービスや会社であるかについてもまとめていきます。

目次

コンサルタントジョブの基本情報

参照:https://consultant-jobs.jp/

会社情報

項目詳細
運営会社株式会社アサインナビ
創業年2008年3月
所在地〒160-0022
東京都新宿区新宿2-8-6 KDX新宿286ビル2F(受付)・3F
上場区分株式会社エル・ティー・エス(東証一部上場)
※株式会社エル・ティー・エスの100%子会社
案件サイトhttps://consultant-jobs.jp/
企業サイトhttps://assign-navi.com/
Twitter
Facebook
参照:https://assign-navi.com/

サービス情報

項目詳細
対応地域首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
公開求人数
非公開求人数
利用料金無料
会員数
最高単価/月
福利厚生の有無
支払いサイクル
参照:https://consultant-jobs.jp/

コンサルタントジョブの強み

コンサルタントジョブは、フリーランスエージェントの中でも次の5点に強みを持っています。

  • コンサルタントに特化
  • 業界では実績がある
  • 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に強み
  • 法人設立支援の実施
  • 中長期の案件が充実

コンサルタントに特化

コンサルタントジョブは、エンジニアの案件が多いエージェント業界にあって、コンサルタントに特化しているのが特徴です。

ITコンサルタントやPMO(Project Management Office、企業全体のプロジェクト支援を行う部署での業務)の案件が多くあります。

これ以外にSAPコンサルタント(SAPと呼ばれる企業向けのシステムを導入・運用支援するコンサルタント)、AI/RPAコンサルタント(オフィス業務の自動化を行うシステムのコンサルタント)も用意されています。

さらに一般的にイメージされるコンサルタント、業務コンサルタントや戦略コンサルタントの案件もあり、コンサルタント全般の案件に強みがあるといえるでしょう。

業界では実績がある

コンサルタントジョブの運営会社である株式会社アサインナビも実績があります。

2008年創業から、すでに10数年以上業務を行っており、様々なノウハウを蓄積しています。

また、10数年経営破綻することなく事業を継続しているのは、信頼の証といえるでしょう。

さらに同社は東証マザーズに上場するエル・ティー・エスの100%子会社でもあり、親会社の実績も加味されてエージェント業界では実績ある企業として認知されています。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に強み

コンサルタントジョブは、首都圏の案件にも強く、首都圏のコンサルタント案件を多く持っています。

スタートアップはもちろん、中小企業だけでなく、コンサルタントファーム(コンサルタントを多く抱えるコンサルタント専門企業)や大企業の案件も用意しており、首都圏で活動しているフリーランサーには魅力的なエージェントでもあります。

法人設立支援の実施

コンサルタントジョブでは法人設立の支援も行っています。

コンサルタントもある程度の規模になると、法人設立を検討するフリーランサーも少なくありません。

しかし、ネットの情報だけではうまく設立ができない場合も多いことや本業の傍らで法人化を進めるのも業務が増えるため、抵抗があるという方も少なくありません。

こういった悩みに対してコンサルタントジョブでは法人設立支援を行っており、スムーズな法人化が可能になっています。

また、業務提携を考えている方もマッチングを支援する提携業者を紹介しています。こういった案件紹介以外の業務にも強みがあるのです。

中長期の案件が充実

コンサルタントジョブの案件は、コンサルタント案件が多いのですが、業務の性格上短期では成果が出ないケースも少なくありません。

そういった意味から中長期の案件を多く用意し、時間をかけて成果を上げるコンサルタントに有利です。

一般的なエージェントは、つい案件を集める際、短期で結果が出せるとクライアント企業にアピールしてしまいがちです。

しかし、コンサルタントジョブは、案件をとりつつもフリーランサーに有利な条件で契約します。

これらの強みを持ってコンサルタントジョブは、実績を築き上げてきました。

コンサルタントジョブを利用するメリット

次にコンサルタントジョブを利用するメリットとして、次の5つが挙げられます。

  • 手厚いサポート
  • 高単価案件が多い
  • コンサルタント案件が充実
  • 大手ならではの安心感
  • 税務支援も受けられる

手厚いサポート

コンサルタントジョブでは手厚いサポートが充実しています。

案件を探すだけでなく、利用前の独立相談といったものまで支援してくれる点は、大きなメリットといえるでしょう。

もちろん案件稼働中も専属の担当者がこまめにサポートをしてくれるので、分からない点も確認できます。

基本的な内容である条件交渉やスコープ(プロジェクトの内容の範囲の定義)の調整といったものも担当者が行ってくれます。

スコープ調整まで行えるのは、担当者が実務経験があるか、相当な内容理解ができる証拠です。

客観的なアドバイスを受けたい場合も専属担当者の恩恵を受けられるでしょう。

高単価案件が多い

高単価案件を多く持っている点もメリットです。

運営企業が実績豊富なため、上場企業の案件を取るのも得意です。

そのため、月額100万円を超える案件を豊富に掲載しているので、高額な案件に興味のある方もメリットは大きいといえるでしょう。

官公庁からも案件を取れることがあるので、業務の幅が広がったり、実績作りをするのにもコンサルタントジョブを利用するメリットがあります。

コンサルタント案件が充実

コンサルタントジョブは冒頭でもお話しした通り、コンサルタント案件が充実しています。

コンサルタント業務は、自分で営業して見つけることもできますが、実際はそこまで多く取れません。

そのため、途方に暮れて廃業を検討する方も実際にいますが、コンサルタントジョブを利用すれば安定してコンサルタント案件を見つけて契約できます。

長年フリーランスのコンサルタントを続けたいのであれば、コンサルタントジョブの利用は大きなメリットです。

大手ならではの安心感

コンサルタントジョブの運営会社は、エージェント業界でも大手に入る企業です。

そのため、すぐにサービスが終わってしまったり、予告なしに契約を打ち切られたりといったリスクが少ないのもメリットです。

生活に直結するサービスだからこそ、エージェントも安定した運営を行っている企業を選ぶのは重要です。

税務支援も受けられる

コンサルタントジョブは税務のサポートも受けられます。

フリーランサーも一人の経営者として納税を行い、経営をしなければなりません。

クライアントに注力するあまり、おざなりになることも多いこれらの業務もサポートしてくれるサービスの紹介や各種支援を実施してくれる点もメリットといえるでしょう。

これらの点を中心に多くのメリットが期待できるのがコンサルタントジョブです。

コンサルタントジョブを利用するデメリット

コンサルタントジョブを利用するにあたってデメリットも知っておきましょう。

コンサルタントジョブのデメリットとしては、次の3点が挙げられます。

  • 地方の案件はほとんどない
  • 分かりにくい案件が多い
  • 案件自体が少なめ

地方の案件はほとんどない

コンサルタントジョブの案件は、ほとんどが首都圏です。

そのため、関西や中京、福岡など地方の案件が余りありません。

コンサルタントとして地方を中心に活躍したいと考えている方にとって、コンサルタントジョブはそこまで案件を集められない可能性があります。

言い換えれば、コンサルタントジョブを利用するのであれば首都圏に活動拠点を移す必要があるのです。

分かりにくい案件が多い

コンサルタントジョブはメリットでも挙げた通り、コンサルタント案件が多いのですが、具体的にどのような案件があるのかを確認しようとしても公開案件がほとんどありません。

実際に登録して担当者と打ち合わせをしないと案件が分からないことが多いので、登録する前に検討するのが困難な点がデメリットです。

案件自体が少なめ

コンサルタントジョブは、コンサルタントに特化している分、案件自体が少なめになっています。

そもそもコンサルタントの案件自体、エンジニアの案件に比べると少なく、業務コンサルタントに至っては、コンサルタントファームに依頼する傾向があります。

そういった意味で、選り好みしにくい点がデメリットといえるでしょう。

これらの点に注意してコンサルタントジョブを利用するのがおすすめです。

コンサルタントジョブの良い評判・口コミ

次にコンサルタントジョブおよびその運営会社の関連でポジティブなツイートを3つまとめました。

コンサルタントの単価が非常に高い評判があります。

様々な機会を用意してクライアント企業との接点を増やそうとしています。

関連会社は、親身なサポートを行っているスタッフが多い傾向です。

コンサルタントジョブの運営会社自体も案件獲得に積極的で、高単価の案件を獲得しているようです。

コンサルタントジョブの悪い評判・口コミ

コンサルタントジョブのネガティブな評判についてもまとめました。

戻る可能性を示したものの利用減の傾向があるようです。

関連サービスは、若い方の利用が少ないようです。ネットリテラシーの高い世代が利用しないところを見ると何かしらの問題がある可能性も否定できません。

関連サービスの手数料は非常に高いため、コンサルタントジョブの手数料も高そうです。

全体的にコンサルタントジョブの評判を見つけるのが困難でしたが、関連サービスを含めると参考になりそうな評判が見つかりました。

コンサルタントジョブを利用するのは、こんな人におすすめ!

コンサルタントジョブを利用するのにおすすめな人は、コンサルタントの案件を探している首都圏在住の方です。

自分で案件を探しているけどなかなか見つからなくて苦労をしているといった方にとって、コンサルタントジョブを利用することはとても有益といえるでしょう。

特に首都圏を中心に活躍している方にとっては最適のサービスがコンサルタントジョブです。

コンサルタントジョブのメリット・デメリット・評判まとめ

コンサルタントジョブは、コンサルタント案件に強みを持つエージェントです。

大手企業の案件が多く取れるのは、運営会社の運営実績があることや親会社の実績によるものと言えます。

そんなコンサルタントジョブの評判は、直接利用者のものが見つからなかったものの運営会社や関連サービスの内容から、それとなく分かっていただけたはずです。

評判も参考にしながら利用を検討してみましょう。

【フリーランスエンジニアの現実を案件提供会社が暴露します】

フリーランスエンジニアの年収はなぜあんなに高く表示されているのかご存知でしょうか?

下記のような広告で、ITエンジニアの募集ができるのには実はからくりが存在します。

このような広告を見たことがないでしょうか?
  • なぜITエンジニアはフリーランスになると年収が上がるのか?
  • なぜ年収が低いまま会社員のままでいるITエンジニアが多いのか?
  • 自身の市場価値を適切に把握するためにはどうしたらいいのか?

下記の記事ではこれらの内容を事細かに説明しています。

フリーランスエンジニアの現実を知りたい人だけ見ることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
CLOSE
目次
閉じる